私は若い頃からエタニティリングに憧れがありました。指輪をぐるりと一周取り囲んだダイヤが光るエタニティリングは、その途切れることのない敷き詰められたダイヤのために永遠の愛の証と言われています。社会人になってから自分で買おうと思って貯金をしていたのですが、プレゼントしていただける機会がありました。
当時お付き合いを始めた相手は職場の先輩だったのですが、交際開始から1ヶ月ほど経った頃に一緒にデパートに買い物に出かけた時に、指輪をプレゼントしてくれると言いました。
葬儀の際などはダイヤが目立たないように半分指輪を回せばシンプルなリングとしても身に着けられるとのことで、近年ではエタニティリングよりも半分ほどダイヤを敷き詰めたハーフエタニティの方が取り扱いも多いのですが、それでも当時の私にとっても高価なもので、果たしてこんな商品をねだっても良いものかと悩んでしまいました。
ところが彼は二つ返事で似合うと言ってプレゼントをしてくれ、以来そのハーフエタニティは私の宝物です。